ちゃんれぽ
気になるあれこれを徹底調査!
テレビ

笑う大晦日がつまらない!面白くない致命的な4つの理由!

笑う大晦日

2021年12月31日の年末、毎年恒例の「ガキ使い!笑ってはいけない」に代わって始まった「笑って年越したい!笑う大晦日」がつまらないと言われています。

つまらない、面白くないという声が多いですが、その致命的な理由についてまとめました。

笑う大晦日がつまらない!

『笑って年越したい!笑う大晦日』がつまらないと話題です。

年末恒例の「ガキ使い!笑ってはいけない」が定番になっていた視聴者にとって、生放送の「笑う大晦日!」がつまらないと感じた人が多かったようです。

笑う大晦日が面白くない致命的な4つの理由!

「笑う大晦日」が面白くないと言われる致命的な4つの理由について、ネットの声をまとめました。

①ガキ使の方が面白い

やはりガキ使と比べると、面白くないという意見が一番多かったです。

さらに、こんな意見も…

よっぽど面白くないと感じているようですね。

②笑うのは視聴者じゃなく芸人

「笑って年越したい!笑う大晦日」という番組名ですが、面白いと思っているのは芸人たちでは?という意見もありました。

確かに、身内ノリのような楽しさもあっていいのですが、置いてけぼりを感じる視聴者もいるようですね。

③普通のコント番組

序盤は漫才やコントのネタも多く、普通のコント番組のようだという声もありました。

普通のコントなら、大晦日に生放送で見なくても、正月に放送されるコント番組でお腹いっぱいですよね。

大晦日ならではと言った、内容が見たいという視聴者がいるようです。

④ダウンタウンがいない

大晦日と言えば、ダウンタウンが恒例でした。

しかし、「笑う大晦日」はナインティナインをはじめ、バナナマン、千鳥がMCを務める番組です。

ダウンタウンは出演予定がないので、寂しいと感じる視聴者もいるようです。

 

新しい番組はは、どうしても前番組と比較しがちになります。

新しいものを受け入れられない視聴者がいるのも当然ですね。

ただ、数年もたてば「笑う大晦日」も定番の年末恒例の番組になっていくかもしれませんね!