テレビ

「妻、小学生になる」が気持ち悪い!?炎上してる3つの理由まとめ!

妻、小学生になる

2022年1月21日スタートのドラマ「妻、小学生になる」気持ち悪いと炎上したと話題になっています。

堤真一さん主演の死んだ妻が小学生になって帰ってくるというストーリー。

気持ち悪いと炎上した理由についてまとめました。

「妻、小学生になる」が気持ち悪い!?炎上してる3つの理由!

堤真一さん演じる新島圭介が、石田ゆり子演じる妻を亡くし廃人と化して生きる日々。

突然、小学生となって妻が戻ってくるというストーリーです。

堤真一主演のちょっと不思議な家族の物語
妻を亡くしてから10年間・・・失意とともに
生きてきた夫が、妻と奇跡の再会!
なんと妻は・・・小学生になっていた!
元愛妻家の夫、生まれ変わった妻(外見は小学生)、
そして大人になりきれない娘・・・
ちょっと変わった3人による
心温まる家族再生の物語

引用元:公式サイト

ほっこり涙する心が温まるストーリーとなっていますが、ドラマを見た一部の視聴者からは、気持ち悪いという声が出ているようです。

具体的にどんなところが気持ち悪いのか、ネットの声から理由をまとめました。

①実写は気持ち悪い

「妻、小学生になる」は、もともとは原作漫画です。

実写化にすると気持ち悪いという声が寄せられました。

確かに実写化すると、設定がリアルに感じられますよね。

さらに妻役の子役の演技がうますぎることが、要因でもあるようです。


②タイトルが気持ち悪い

タイトルが気持ち悪いという声も、結構ありました。

タイトルだけ聞くと気持ち悪いなぁと想像する人もいたようです。

しかしもし仮に「夫、小学生になる」だったら、そこまで気持ち悪くは感じないという声もありました。

 

③設定が気持ち悪い

そもそも妻が小学生になるという設定が気持ち悪いとい声が多かったです。

妻が小学生ということは、夫である50代新島圭介の妻が小学生ということ。

常識で考えれば、なんていうか・・・犯罪ですよね(笑)

設定が気持ち悪いという意味は理解できなくもないです。

「妻、小学生になる」は全然気持ち悪くない!?

一方で、原作をよく知るファンからは「全然気持ち悪くない」という声が上がっています。

死んだ妻が小学生になったわけではなくて、死んだ妻の人格が小学生の肉体に入るという認識をすれば本来は全く気持ち悪くないと言います。

気持ち悪いと感じるか、良い話と感じるかどうかは、人それぞれのようですね。

 

「妻、小学生になる」の子役がうますぎて面白い

気持ち悪いという声も一部である中、最も多かった意見は「子役の演技がうますぎる」という意見でした。

妻役を演じる子役は、「おちょやん」でお馴染みの毎田暖乃ちゃんです。

話し方や仕草、立ち振る舞いが石田ゆり子さんが乗り移ったかのような、神がかった演技でした。

見ていて違和感なく、妻である石田ゆり子さんを演じていた毎田暖乃ちゃん。

その演技力には本当に脱帽でした。
毎田暖乃|出身地から小学校が判明?可愛い画像や私服をインスタなどから徹底調査!

毎田暖乃の出身地
毎田暖乃|出身地から小学校が判明?可愛い画像や私服をインスタなどから徹底調査!ドラマ「妻、小学生になる」での大人顔負けの演技力が話題になっている毎田暖乃さん。 朝の連続テレビ小説「おちょやん」や「スカーレット...

毎田暖乃(のの)は歯並びを気にしてる?口を隠して笑う写真が多い理由が判明!

毎田暖乃(のの)は歯並びを気にしてる?口を隠して笑う写真が多い理由が判明!NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」に出演し、一躍有名子役となった毎田暖乃(のの)さん。 大人っぽいスッキリしたルックスと年齢と...

まとめ:「妻、小学生になる」が気持ち悪い!?炎上してる3つの理由まとめ!

「妻、小学生になる」気持ち悪いと言われる3つの理由についてまとめました。

原作漫画が実写化されたドラマなので、妻が小学生になるという設定に違和感を感じる人がいたようです。

しかし一方で、子役の演技がうますぎると絶賛されており、面白い!という声も多く聞かれました。

今後のストーリー展開が楽しみです。