ドラマ

寺脇康文が水谷豊と和解!?相棒復帰の伏線シーンや降板理由を徹底調査!

相棒

2022年10月スタートの『相棒season21』に、俳優の寺脇康文さんが復帰することが発表されました。

寺脇康文さんと言えば、長年勤めた『相棒』を水谷豊さんとの不仲で降板したと言われていましたが、和解したのでしょうか?

寺脇康文さんが『相棒』を降板した理由復帰した理由について、まとめていきたいと思います。

寺脇康文が相棒に復帰!

俳優の寺脇康文さんが、『相棒』に復帰することをインスタで報告しました。

寺脇はインスタに「相棒」の2文字をアップし「まず初めに、大好きな『相棒』に出演させていただくこと、そして14年ぶりに、僕の分身『亀山薫』を演じる事が出来る機会をいただけることに感謝の気持ちでいっぱいです」とし「何より役者人生の師匠と言っても過言ではない、水谷豊さん演じる『右京さん』と、また『相棒』として、夢の様な時間を共に出来ることを本当に嬉しく思っております」とつづった。

引用元:スポーツ報知

 




寺脇康文が水谷豊と和解!?

寺脇康文さんが14年ぶりの『相棒』に復帰したことで、ネットでは水谷豊と和解した!と話題になっています。

寺脇康文さんと言えば、水谷豊さんとの確執や不仲が理由で、『相棒』を降板したと言われていました。

ドラマ『相棒』では、長いこと水谷豊さんと寺脇康文さんのコンビが親しまれていただけに、寺脇康文さんの復帰を望む声が非常に多かったようです。

そしてそんな不仲説を蹴散らすように、14年ぶりに『相棒』に復帰することで、和解したと言われているようです。

和解について本人たちの口から語られてはいませんが、和解後にエピソードを披露する芸能人も多くいます。

水谷豊さんと寺脇康文さんの間に何があったのか、もしかしたら後に語られることがあるかもしれませんね!

そんな喜ばしい寺脇康文さんの『相棒』復帰ですが、実は伏線があったと密かに話題になっているようです。




寺脇康文の「相棒」復帰の伏線シーンあった!

寺脇康文さんが復帰するのでは?とささやかれていたのには、伏線と思われるシーンがあったことが理由のようです。

早速見ていきましょう!

「相棒」復帰の伏線

『相棒』のシーンでは、寺脇康文さん演じる亀山くんの復帰を連想させるシーンがあったようです。

相棒相棒

「それにしても詳しいですね。以前亀を飼ってらしたことが?」

「はい、それはそれは手の焼ける亀でしてねぇ」

と、亀山を連想させるセリフがあったんです。

他にも伏線シーンはあったようです。

そして伏線通り、亀山が復帰。

これまでのシーンを振り返ると、亀山を連想させるシーンが散りばめられているようなので、ぜひご覧になってみてください。

 


まとめ:寺脇康文が水谷豊と和解!?相棒復帰の伏線や降板理由を徹底調査!

『相棒season21』に寺脇康文さんが復帰することで、水谷豊さんと和解したのかについてまとめました。

復帰を連想させる伏線シーンがあったことも判明し、喜ぶファンが多いようです。

『相棒season21』の放送を楽しみに待ちたいと思います。