タレント

画像|中川翔子(しょこたん)の顔がパンパンな理由はヒアルロン酸?アナフィラキシーショックの副作用?

中川翔子の顔がパンパン

2022年2月10日に放送された「世界の衝撃映像」に出演したしょこたんこと中川翔子さん。

中川翔子さんの顔がパンパンすぎてヤバイと話題になっています。

ヒアルロン酸を入れた?やアナフィラキシーの副作用では?など様々な意見が寄せられています。

中川翔子さんのパンパン過ぎる顔画像と、その理由について調べてみました。

画像|中川翔子(しょこたん)の顔がパンパンで別人!

しょこたんこと、中川翔子さんの顔がパンパンと言われた画像はこちらです。

普段の中川翔子さんの顔がこちら↓

しょこたん

くらべてみると目を疑うほど、顔がパンパンになっていることがわかりますね。

いつもの中川翔子さんの顔とは別人のようです。

一体なぜこんなに顔がパンパンになってしまったのでしょうか?

しょこたんの顔がパンパンなのはヒアルロン酸が理由?アナフィラキシーの副作用?

中川翔子さんの顔がパンパンになってしまった理由として、ヒアルロン酸を注入したのでは?との声が圧倒的に多かったです。

ヒアルロンを酸注入した?

 

中川翔子さんは可愛らしくて若々しいイメージがありますが、実は現在36歳です。

若々しさを保つためにヒアルロン酸を注入する芸能人は多いですが、中川翔子さんもヒアルロン酸を注入している可能性はありそうですね。

ヒアルロン酸を注入すると、

  • 頬の凸凹が改善
  • 頬がふっくらする
  • 頬の位置があがる

ため、若々しさを維持することができます。

ただし、やり過ぎると顔がパンパンになってしまいますね。

 

中川翔子さんの顔のパンパンさは、収録時はヒアルロン酸を注入した直後だったため、ダウンタイムだったのかもしれません。

他にもヒアルロン酸を入れていると言われているタレントさんはいらっしゃいますね。

アナフィラキシーの副作用?

中川翔子さんは2022年の年明け、アナフィラキシーショックを起こして入院していました。

原因は高熱、痛み、披露、ストレス緊張を乗り越えるために飲んだと言われる薬が合わなかったとのことです

そのため、収録時はまだアナフィラキシーショックの副作用が残っていたのでは?という声もありました。

アナフィラキシーの症状として、顔のむくみや腫れがあげられます。

 

中川翔子さんは1月2日は完治して退院したと報告していますが、なんらかの影響で顔がむくんでいたということも考えられるかもしれません。

中川翔子(しょこたん)プロフィール

 

中川翔子プロフィール

名前:中川翔子(しょこたん)

生年月日:1985年5月5日

年齢:36歳

身長:155cm

血液型A型

所属:ワタナベエンターテイメント

趣味:コスプレ

特技:漫画やイラスト

中川翔子さんの父親は中川勝彦さん。俳優とミュージシャンです。

幼少期は「中川薔子」という芸名で所属しており子役として活動していました。

歌唱力もあり。2006年にはCDデビューもはたしています。

2011年にはディズニー映画「塔の上のラプンツエル」で主人公のラプンツエルの声を担当して話題になりました。

様々なジャンルで現在もなおタレントとして活躍中です。

まとめ:中川翔子の顔がパンパンでヤバイ!ヒアルロン酸?アナフィラキシーショックの副作用?

中川翔子さんの顔がパンパンと言われている画像と理由について調べました。

いつもの中川翔子さんに比べると、別人のように顔がパンパンでした。

ヒアルロン酸を注入している可能性や、アナフィラキシーの副作用では?などと言われていましたが、真実は不明です。

またしばらくしたらいつものかわいい中川翔子さんに戻っているのではないでしょうか。