ドラマ

純愛ディソナンス考察|晴翔(はると)は加賀美の息子の5つの理由!小坂を殺したのも晴翔だった?

純愛ディソナンス考察

木曜ドラマ純愛ディソナンスが終盤を迎えていますね。

そんな中、シェアハウスの村上晴翔が加賀美の息子で、正樹や冴に復讐しているのではないかという考察が建てられています。

また、小坂先生を殺したのも実は晴翔なのではないかという意見もあるようです。

村上晴翔は加賀美の息子なのでしょうか?

そして正樹や冴に復讐する目的はなんなのでしょうか?

純愛ディソナンス考察|晴翔(はると)は加賀美の息子で確定!

ネットでは、晴翔が加賀美の息子だという考察で溢れています。

1、弁護士と会っていた

シェアハウスに仲間として迎え入れられた村上晴翔。

第7話では、父親について弁護士と話すシーンがありました。

父親が何らかの事件で捕まっていることが判明しています。

ここで、父親が加賀美なのではないかという疑惑が浮上します。




3、慎太郎をたきつける

その後、正樹と冴が母親に交際の許しを得ているシーンでも、慎太郎をたきつけるような発言がありました。

「恋愛ってそういうもんじゃないですか。本気になるとブレーキが利かなくなる。誰かを裏切ったとしても自分を優先したくなる…」

「冴の安心できる居場所になろうとした。でもそこに打算があった」

「ここで過ごした数年なんて、好きな人と過ごす1日にも値しないんだよ」

など、慎太郎をたきつけて洗脳しているようにも思える発言を連発しました。




3、冴の母親を招き入れる

冴の母親を、シェアハウスに招き入れたのも晴翔でした。

「親孝行できる時は限られる」

と言っていましたが、父親が加賀美だとすれば自分の状況と重なっているので、辻褄が合いますよね。

4、北都の電話相手

北都に裏で情報を流しているのが晴翔なのではないかと言われています。

話し方も晴翔っぽいと言われていますし、復讐のために正樹や冴に近づいたとするなら、情報をながしているのが晴翔だと考えるのが普通です。




5、加賀美を迎えに来た子供は晴翔?

過去のシーンで、先生同士の飲み会で加賀美を迎えにきた奥さん。

後ろに乗っている少年が晴翔なのではないかということです。

1話でこのシーンに気付いた視聴者がいるということが凄い考察力ですね。

以上、晴翔が加賀美の息子である5つの理由をまとめました。

やはり、晴翔は加賀美の息子だと言えるのではないでしょうか?

そんな刑務所にいる加賀美から、正樹のもとへ1通の手紙が届きました。




純愛ディソナンス考察|加賀美の手紙は警告?

純愛ディソナンス第8話の終盤、刑務所にいる加賀美から正樹のもとへ1通の手紙が届きました。

すぐそばに禍が迫っている

過去からは逃れられない

脅迫文のように思えますが、晴翔が復讐しようとしていることに気付いていて、警告していると考えることができます。

いくら自分が不倫して罪を犯したとは言え、息子には罪を犯してほしくないと願いますからね。

加賀美は不倫した末に、小坂先生を殺してしまいます。

しかし実は、殺したのは晴翔ではないかという考察もあるようです。




純愛ディソナンス考察|小坂を殺した犯人は晴翔?

そもそも、加賀美が小坂先生を不倫のもつれの末に殺したとすれば、晴翔が正樹や冴に復讐する目的がわかりません。

そんな中考えられる可能性として、実は父親の不倫を知った息子の晴翔が、小坂先生を殺したのではという考察があるようです。

息子の罪を知った加賀美が、自分が罪をかぶり刑務所へ入った可能性もあるかもしれません。

復讐しきれなかった晴翔は再び、正樹と冴に近づき復讐しようとしているのかもしれません。




まとめ

純愛ディソナンスで、晴翔が加賀美の息子であるという考察についてまとめました。

おそらく晴翔は加賀美の息子で間違いないのではないでしょうか。

晴翔は復讐のために正樹と冴に近づいているのかもしれません。

また、小坂先生を殺したのも晴翔という可能性も捨てきれません。

最終回を楽しみに待ちましょう!