ドラマ

インビジブル最終回でキリコが消えた3つの理由!続編ありきの伏線?

インビジブル

2022年6月17日、ドラマ『インビジブル』が最終回を迎えました。

黒幕・猿渡が逮捕され、志村とキリコが屋上で会話するシーン。

しかし次の瞬間にはキリコがなぜか消え、志村1人が映し出されたことが話題になりました。

なぜキリコは突然消えたのでしょうか。

ネットの考察から3つの理由を徹底調査します!

インビジブル最終回でキリコが消えた!

キリコ志村とキリコの2人のシーンで迎えた最終回。

志村:これからインビジブルにかかわったすべての人物にすべてに法の裁きを受けてもらう。

キリコ:私が果たすべきことは終わった…

志村:いやまだだ。この中にも見えない悪が紛れ込んてる。見極めていかないといけない、この先も。

この会話の直後、突然画面からキリコが消えました。

突然消えたキリコに、視聴者からはこんな声が。

キリコが消えた理由について、ネットの考察をまとめてみました。




インビジブル最終回でキリコが消えた3つの理由は?続編ありきの伏線?

インビジブルキリコがいなくなった瞬間と思われる志村が1人で映るシーンで、キリコが消えた瞬間の表情は、高橋一生の演技の上手さを見せつけられた気がします。

しかし、なぜキリコが消えたのか明かされることはありませんでした。

そこでネットでは、キリコが消えた理由について3つの考察が浮上しているようです。

続編ありきの伏線であるとみられています。

1、逮捕から逃れるために逃走した

「世の中の悪をあぶりだし、インビジブルにかかわったものを逮捕していく」と言った志村。

もちろんインビジブルであるキリコは、本来なら逮捕されるはずだったのでしょう。

しかし逮捕を免れるために、キリコ自身が逃走したということです。

キリコが逮捕されてしまったら続編はなくなってしまうため、続編のためにキリコは逃走し、続編で再び志村と裏で手を組むという見方があるようです。

2、インビジブルに戻った

そもそもタイトルの「インビジブル」とは「目に見えないさま」という意味があり、キリコが透明人間のような存在しない人間だったという説です。

志村と一緒にバディを組むのであれば、インビジブルである必要もないはず。

タイトル通り、インビジブルであるキリコは本来の存在しない姿として、最後描かれたのではないでしょうか。

これからもキリコは、インビジブルとして志村と手を組んでいくのでしょう。

3、志村が見逃した

本来なら逮捕されるべきインビジブルのキリコですが、志村が見逃した可能性もあります。

志村とキリコの信頼関係は厚く、志村がキリコを逮捕するとは思えません。

これからも裏でキリコと志村がバディをくんで事件を解決していくということなのでしょうか。

キリコが消えた本当の理由は、見る人によって変わってくるのかもしれません。

続編ありきの伏線であるとみる人が多数いるようです。




まとめ

インビジブル最終回でキリコが消えた3つの理由についてネットの考察をまとめました。

キリコは、この世界で志村と共にバディを組んでいくことはインビジブルとしては難しいでしょう。

しかし、裏の世界でまた志村のバディとしてこれからも悪と戦っていくのかもしれませんね。

いずれにしても続編や映画化の可能性がありそうなので、楽しみに待ちたいですね!