タレント

トランプ大統領の家宅捜索の理由や容疑が判明!?公的資料や機密文書の隠蔽の噂!

トランプ前大統領

2022年8月9日、アメリカのトランプ前大統領の自宅にFBIが家宅捜査に入ったと言われています。

どのような理由や、あるいは容疑で家宅捜査に入ったのでしょうか。

調査しました。

トランプ大統領の自宅にFBIが家宅捜索!

2022年8月8日早朝から、アメリカのトランプ前大統領の自宅で、FBIが家宅捜索が行われたようです。

(CNN) 米連邦捜査局(FBI)は8日、令状に基づきフロリダ州パームビーチにあるドナルド・トランプ前大統領の別荘「マール・ア・ラーゴ」の家宅捜索を行った。前大統領がCNNに確認した。

引用元:CNN.co.jp

オフィスや私室がある倶楽部周辺を重点的に捜査されたようです。

トランプ前大統領自宅

また、トランプ前大統領は、

「私の美しい家、フロリダ州パームビーチのマール・ア・ラーゴが現在包囲され、捜索され、大勢のFBI捜査員に占拠されている」

と声明を発表。

家宅捜索は予告なしに行われ、金庫にまで押し入ったと述べています。

では、なぜトランプ前大統領の自宅に家宅捜索が入ったのでしょうか。

その理由について調査します。




トランプ大統領の家宅捜索の理由が判明!?公的資料や機密文書の隠蔽の噂!

トランプ前大統領の家に家宅捜査に入った理由や、トランプ前大統領の容疑について正式に理由は発表されていません。

しかしネット上では、家宅捜索の理由を特定したとする意見がありました。

まとめると、トランプ前大統領が大統領退任時に、公的資料や機密資料を勝手に持ち帰った、もしくは隠蔽したという情報があるようです。

上記のTwitterの英文ニュースを和訳すると、

捜査に詳しい関係者2人によると、捜索は、トランプ氏がホワイトハウスを去った後、プライベートクラブ兼住居であるマーアラーゴに持ち込んだ資料に焦点を当てているようだ。内容に詳しい関係者によると、これらの箱には多くのページの機密文書が入っていた。

引用元:https://www.nytimes.com/

トランプ氏は、国立公文書館の当局者から要請された15箱の資料の返却を何ヶ月も遅らせ、それらを回収するための措置が取られるという脅威が生じたときにのみ返却しました。

引用元:https://www.nytimes.com/

トランプ氏は大統領就任時、保存しないといけない公式資料などを破り捨てることで有名だったようです。

そして返却しないといけない資料も、措置が取られそうになった時に返却をしていたようですね。

トランプ前大統領が、公的文書や機密文書を持っていた、もしくは隠蔽していたことで何らかの容疑がかけられ家宅捜査に入ったのでしょうか。




まとめ:トランプ大統領の家宅捜索の理由や容疑が判明!?公的資料や機密文書の隠蔽の噂!

トランプ前大統領の自宅に家宅捜査に入った理由や容疑について調査しました。

大統領退任時に返却すべき公的資料や機密文書を持っていたことで隠蔽の疑いなどが書けられてしまったのでしょうか。

今後トランプ前大統領がどうなるのか、動向に注目ですね。