事件

なぜ?東大前で刺した犯人の犯行動機は東大への恨み!?トラブル内容や爆竹放火を徹底調査!

東大事件

2022年1月15日8時半頃、東大前の路上で、受験生を含む3人が刺される事件が発生しました。

刺した犯人は男子高校生で、東大に対する恨みや、被害者と受験のトラブルがあったのではないかと言われいます。

また、犯行前の南北線東大前駅の改札付近では爆竹から火が出たという事件も発生しており、

関係しているとみられています。

犯行動機やトラブル内容について調べてみました。

東大の共通テストで殺人未遂事件は発生!

2022年1月15日、東大の大学共通テストの試験会場である東大前の路上で、3人が刃物で刺される事件がおこりました。

東大事件引用:ライブドアニュース

 

午前8時半ごろ、大学入学共通テストが行われている東京大学弥生キャンパス(文京区)前の路上で、受験生ら3人が、男に刺された。刺されたのは、都内在住の72歳の男性、千葉県の男子高校生(18)、千葉県の女子高生(18)で、いずれも刃物のようなもので背中を刺された。

引用元:FNNプライムオンライン

東大の共通テスト前の事件ということで、世間では驚きの声が上がっています。

なによりも、今日のために頑張ってきた受験生が、大事な試験前にこのような事件が起きてしまったことが、悲しいですね。

事件を起こした犯人は17歳の高校生ということで、被害者である高校生とは同級生です。

なぜこのような犯行に及んだのでしょうか。

調べてみました。

東大で刺した犯人と被害者にトラブル!?内容は?

刺した男子高校生と被害者の男子高校生や女子高校生との関係について、まだわかっていないと報道されています。

刺したのは17歳の高校生の男子生徒で、東大の敷地内で身柄を確保され、殺人未遂の現行犯で逮捕された。この高校生は、名古屋市在住で、受験生かどうかは分かっていない。被害者との関係なども不明。

引用元:FNNプライムオンンライン

ただ、他の速報ニュースでは、トラブルがあったのではないかとも言われています。

ただどういったトラブル内容だったのかについては、詳しいことはわかっていません。

刺された被害者も、

  • テスト関係者の72歳の男性
  • 男子高校生
  • 女子高校生

の合わせて3人で、共通点も今のところまだわかっていません。

詳しいトラブルの内容がわかったら追記していきます。

東大で刺した犯人は事件直前にも爆竹放火!

驚くことに、この犯人の男子高校生は事件直前にも、東大近くの東北線東大駅前の改札付近で爆竹を巻いた可能性があることがわかりました。

調べに対して逮捕された高校生は「3人を切った」などと容疑を認めている。また、「犯行前に、付近に火を付けた」などと話しているという。 東京メトロによると、午前8時半ごろ、南北線東大前駅の改札付近で、爆竹のようなものがまかれて火が出たという。すぐに消し止められて大事には至らなかった。警視庁は、逮捕された高校生と、地下鉄構内で起きた爆竹騒ぎとの関連を調べている。

引用元:FNNプライムオンンライン

同じ日の同時刻に、東大付近で起きた2つの事件が同一人物による犯行と警視庁は見ています。

受験生とのトラブルも囁かれていますが、駅地下で不特定多数を狙った爆竹事件を見ると、トラブルだけが理由ではないのかもしれません。

この爆竹騒ぎに世間の声は・・・

大事な物騒な事件が立て続けに起きたことで、世間も憤りを感じているようです。

 

なぜ?東大で刺した犯人の犯行動機は東大への恨み?

犯人の男子高校生は、なぜ駅で爆竹を巻いて、3人を刺したのでしょうか?

受験生とのトラブルだけではなく、東大に対する恨みではないか?とみる人もいるようです。

現在は72歳の男性が重傷ということで、被害者のケガの状態や、他の受験生のメンタルなどが心配されます。

事件の解決と、ケガした被害者の回復をお祈りいたします。