季節

【フジロック2022】コロナ感染者がヤバイ!?陽性者の払戻しの方法は?断念したTwitter民の数に戦慄!

フジロックのコロナ感染者

2022年7月29~31日にかけて開催されている「FUJI ROCK FESTIVAL ’22」。

3年ぶりに海外からのアーティストも来日し盛り上がりを見せています。

しかし早くもコロナ感染者の数がヤバイと話題になっているようです。

陽性で断念したという声も多く、その多さにますます感染者が増加する予感です。

【フジロック2022】コロナ感染者がヤバイ!?

2022年も開催されたフジロックフェスティバルが、初日から盛り上がりを見せていますが、心配されるのがコロナ感染者数の増加です。

東京都内の新規感染者も4万人を超えたことも受け、

フジロック参加した人全員がコロナ陽性になるかもしれないという声もあります。




出演者アーティストもコロナ感染で出演辞退!

コロナ陽性を受け出演できなくなったアーティストも続々いらっしゃいます。

残念ながら出演できなかったアーティストに変わって、別のアーティストが参加するようです。

フジロック2021の感染者は?

2021年に開催されたフジロックは、開催することに大きな批判を受けました。

しかし蓋を開けて見ると、感染者はいなかったという報告があったのです。

20日から22日まで新潟・湯沢町で2年ぶりに開催された野外音楽イベント「FUJI ROCK FESTIVALFUJI ROCK FESTIVAL」の事務局は24日、新型コロナウイルスの感染者が確認されていないことを発表した。

公式HPでイベントの終了を伝え、「現在のところ、会期中の会場においては、ひとりの陽性者も確認されていないことを、まずはご報告させていただきます」と説明。

引用元:サンスポ

3日間で延べ3万5449人の来場者がいたにも関わらず、です。

この報告を受け、

と、コロナ感染者ゼロを疑う声もありました。

結局のところ、後々になって陽性者がいたと報告しています。

報告された数は多くなかったものの、おそらく報告されていないだけで実情はもっと多いと思います。

だとすれば2022年のフジロックは、去年よりも感染者が爆発する可能性が多いにあり非常に心配されます。

しかし、2022年は行動制限もなく、コロナ禍に慣れてしまったのか、フジロック開催辞退がそれほど多きな批判を受けることはありませんでした。

フジロックに参加した後にコロナ感染者が爆発すると予想される理由は、すでにフジロック参加予定だった多くの人が、すでにコロナ陽性になっているからなんです。

【フジロック2022】陽性で断念したTwitter民の声!

Twitterを見てみると、

”コロナ陽性になったからフジロックに行けなくなった”

という人が非常に多いようです。

フジロックに行く予定だった、本当に多くの人がコロナ陽性になり断念しているんです。

しかし、これらはフジロックに行く直前に陽性が発覚したという人です。

つまり、感染はしているけど症状が出ていない人や、多少の症状が出ているけど参加している人はかなりいると思います。

そういった人々が感染を広げてしまうことになります。

フジロックが終わった後の感染者数を想像すると、恐ろしい人数になりそうですね。

続いて、コロナ感染者で陽性になった人たちのチケットの払戻の方法はあるのでしょうか。




【フジロック2022】コロナ感染者のチケット払戻しの方法は?

フジロック2022のコロナ感染者チケットの払戻しはあるのでしょうか?

結論から言うと、残念ながらチケットの払戻の方法はないようです。

コロナ感染者でチケットの払戻ができない為、他人に譲る人、転売する人がいたり、

多少無理しても行こうと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

せめてチケットの払戻ができれば・・・と思うところですが、残念ながら現在のところは方法がないということです。

まとめ:【フジロック2022】コロナ感染者がヤバイ!?陽性者の払戻しの方法は?断念したTwitter民の数に戦慄!

「フジロック2022」のコロナ感染者の多さや、チケットの払戻の方法についてまとめました。

3日間開催され行動制限もないことから、昨年よりも来場者数が増えているようです。

一方、全国のコロナ感染者数も増加を辿っており、フジロック参加者からコロナ感染者が増えることは間違いないでしょう。

医療ひっ迫しないためにも、参加した人で症状が出てしまった人は、病院に押しかけず自宅でひっそり療養するしかないかもしれませんね。