災害

【磐越西線の橋崩落】復旧はいつで代替えは?場所や被害状況まとめ!

磐越西線の橋崩落

2022年8月4日、大雨の影響で磐越西線の橋の一部が崩落しました。

復旧はいつで代替はあるのでしょうか?

崩落場所や被害状況などについてもまとめていきます。

【磐越西線の橋崩落】

JR磐越西線の喜多方駅から山都駅にかかる濁川橋梁の一部が崩落した映像がこちらです↓

この映像は午前9時の様子だということですが、橋が崩落した時間までは正確にわかっていません。

 

ちなみにこれは崩落前の濁川橋梁です。

磐越西線では、8月1日にも踏切事故があったばかりで、80代の女性が亡くなっています。

立て続けの事故や橋の崩落に、

と、心配の声が相次ぎました。




【磐越西線の橋崩落】場所は?

濁川橋梁が崩落した場所がどこなのか調べてみました。

現場はJR喜多方駅の西、およそ1キロの住宅や農地が広がっている地域で、喜多方市が現在、現場の確認にあたっているということです。

引用元:NHK

JR喜多方駅の西側1km周辺の濁川にかかる橋は、恐らくここで間違いないでしょう。

【磐越西線の橋崩落】被害状況まとめ!

現場の被害状況ですが、天候が回復しないとヘリ飛行も困難ということで、被害状況の全容が明らかになるには、まだ時間がかかりそうです。

運行状況については、始発から野沢江駅~会津若松駅の間、上下線見合わせのようです。

JR磐越西線は、4日は始発から野沢駅と会津若松駅の間の上下線で運転を見合わせています。

引用元:NHK




【磐越西線の橋崩落】復旧いつで代替えは?

磐越西線の橋崩落で気になるのが、復旧がいつ?ということですね。

現在のところ、被害の状況が全て把握できていないので、復旧時期については全くの未定です。

しかし状況が状況なだけに、

このように、復旧には数カ月、年単位の時間がかかると見ている人が多いようです。

磐越西線の復旧を望む声が多く、一刻も早く復旧することを祈っています。

代替え

代替えについてですが、バスによる代替は行わないといういうことで、通勤通学で磐越西線を利用している人にとっては、非常事態。

今のところ代替に関する情報もないので、新しい情報が出たら追記します。